少しでも安く印刷したい!フライヤー印刷会社を徹底比較

フライヤー印刷を価格で徹底比較!

紙の種類

チラシやフライヤーなどによく使われる紙について、その質感や特徴をご紹介したいと思います。さらに、紙の厚さの単位である“連量”についても解説していきます。

フライヤーやチラシに最適な紙とは?

印刷物にとって、紙の質や厚さは最も重要な要素です。仕上がりの美しさを大きく左右するにもかかわらず、紙に関してはあまりよく知らないという方も多いかもしれません。

フライヤーやチラシの印刷に適している紙は、どのような種類なのでしょうか? 

よく使われる3種類の紙について、手に取った印象や印刷表現の良さなどのポイントを、比較してみたいと思います。

<コート紙>

コート紙は、その名の通り表面をコーティング加工した紙で、ファッション誌などにもよく使われています。角度によって光を反射してツヤツヤと光って見えるのが特徴です。

発色が良いのがポイントなので、写真やイラストが多いチラシやフライヤーに適しています。

コート紙の中でも一番利用する機会が多いのがコート90kgです。チラシやフライヤーの印刷の際は、まずこのコート90kgをおすすめします。

<マットコート紙>

マットコート紙は、コート紙と同じように表面を加工していますが、光の反射を抑えるようにコーティングされているのが特徴。簡単に言うと、つや消し加工されている紙です。

コート紙と比べると色が沈んで見えるので、色鮮やかな写真などを自然な色そのままに印刷したいときには向かないかもしれません。

ただ、コート紙よりも落ち着いた雰囲気で高級感が出やすいのも特徴。同じ厚さでも、コート紙よりマットコート紙の方が少々厚みを感じる印象です。

<上質紙>

コーティング加工されていない紙で、コピー用紙などと同様の、最も紙らしいザラザラとした質感が特徴です。表面を滑らかにする加工がされていないので、印刷を施すとインクのにじみやかすれた感じが出ることがあります。

写真の印刷にはあまり向いていないので、文字だけのチラシやフライヤーに向いています。 

紙の厚さによる印象の違い

紙の質感と共に重要となってくるのは紙の厚さ。同じ種類の紙でも、70㎏のものと135㎏のものとでは、だいぶ印象が違います。

このように、紙の厚さは“㎏”という単位で表現するのが一般的で、これを“連量”といいます。連量は、ある一定のサイズで仕上げた紙1000枚の重さで、これを紙の厚さを表す目安として使っています。

チラシやフライヤーなどに適している紙の厚さを知るために、連量別に厚さの印象を解説しましょう。

<70㎏以下>

50㎏前後のコート紙などは、新聞の折り込み広告によく使われます。かなり薄い印象ですが、新聞折込チラシは数千枚・数万枚単位で印刷されることがほとんどなので、この程度の薄さの方が予算的にも合う場合が多いようです。

70㎏前後のコート紙は、発色が鮮やかですがペラペラとした印象は否めません。同じ連量でも、マットコート紙は少々厚みのある印象を与えることができます。

<70〜135㎏>

一般的にフライヤーとして使われることが多いのは90㎏〜110㎏くらいの連量の紙です。

折込チラシより少々厚みがあるので、1枚で手に持った感触はしっかりしています。高級感を感じるほどではありません。

<135〜180㎏>

135㎏以上の紙は、フライヤーになるとかなり厚手の印象。物によっては名刺に使われることもありますが、名刺にすると薄い感じを与えてしまうかもしれません。

<180㎏以上>

紙というよりは、カードという印象を与える厚さ。折れにくく、名刺やショップカード、ポイントカード、ポストカードに最適です。

特別な印象を与えたい場合を除いては、フライヤーやチラシにはほとんど使われません。

  • 第1位印刷通販JBF
    初回限定キャンペーン
    「お試しおまかせフライヤー」
    A4サイズ用紙おまかせ・片面もしくは両面カラー・1000枚
    980円(税込・送料無料)

    詳しくはこちら

  • 第2位プリントパック
    お試しキャンペーン
    「オフセット フライヤー印刷」
    A4コート紙90㎏・片面カラー・100枚
    690円(税込)

    詳しくはこちら

  • 第3位グラフィック
    新工場オープン記念特別価格
    A4コート紙90㎏・片面カラー・500枚
    3,500円(税込)

    詳しくはこちら