少しでも安く印刷したい!フライヤー印刷会社を徹底比較

フライヤー印刷を価格で徹底比較!

読み手の興味を惹きつけるために必要となるフライヤーの要素

フライヤー作成で知っておきたい~デザインの重要性~

インターネットによる宣伝が主流化している現在では、フライヤー作成を行う企業も減少傾向にあります。しかし、幅広いデザインを施すことができるフライヤーは、サービスを魅力的に伝えられるのです。

フライヤー作成にあたり、デザインがもたらす効果には一体どのようなものがあるのでしょうか。

デザインがフライヤーに与える力とは

街を歩いていると、様々なフライヤーを見かけます。その中でも目を引くデザインのフライヤーは、思わず足を止めて見入ってしまいませんか?

このような一連の動作も、デザインによる力が大きく作用しています。デザインが持つ力を見てみましょう。

興味を引く力

人間関係と同様に、広告においても第一印象は非常に大切なポイントとなります。どれだけ素晴らしいサービスを提供していても、顧客の関心を得られないと元も子もないのです。

読み手とサービスをつなげるかけ橋として、デザインは非常に重要な役割を果たしています。

情報を分かりやすく伝える力

フライヤーを作るにあたり「3秒ルール」を理解しておきましょう。

3秒ルールとは、読み手が情報の有益性を判断するまでにかかる時間のことです。この3秒間で読み手の関心を引かないと、その広告は不要だと判断されてしまいます。

印象的なキャッチコピーや、読みやすいデザインの力をもって、この3秒間を逃さないことが重要です。

読み手を誘導する力

見てもらった情報も購買へつなげるためのアウトプットが必要です。

自社の会社・店舗情報や、ホームページへのアクセス方法などを分かりやすく記載しておくことで、顧客獲得が期待できるでしょう。

スマートフォンから情報収集がしやすくなった現在では、QRコードなどを配置しておくと非常に効果的です。

デザインで重要となる要素

宣伝効果の高いフライヤーを作るためには、ターゲットを明確にしておくことが最重要となります。

万人受けするデザインというものは、優れたデザイナーでも量産するのは困難です。そのため、ターゲットを明確にし、その層が関心を引きそうなデザインを取り入れるようにしましょう。

フライヤーはインターネット広告よりも不特定多数の目に付きやすい特徴があります。そのため、性別や年代といった条件よりも、配布エリアの地域性といった要素も大切になります。

適切なターゲティングは、ベネフィットを訴求するための大切な要素なのです。

宣伝力を高めるコピーの種類について

フライヤー作成では、明記すべき情報を適切な位置に設置することが大切なポイントとなります。この文字伝達情報は、「コピー」と言われておりキャッチコピーといった形式で用いられることが多いです。

このコピーは、種類によって様々な役割を有しています。この役割を理解した上でテキストを割り振ることにより、高い宣伝力を発揮することができるのです。

ここでは一般的に使われている、様々なコピーの種類を見てみましょう。

キャッチコピー

キャッチコピーは、読み手の関心を得るために必要となる文章です。短く、インパクトのあるフレーズを、大きく表示することが多く、広告で最も重要な要素とされています。

リードコピー

リードコピーは、キャッチコピーとボディコピーの橋渡し役です。

キャッチコピーを見て関心を持った人に、宣伝するサービスへの興味を駆り立てるよな、前振りとなる文章を記載します。

ボディコピー

自社サービスの紹介文となるボディコピーには、決まった形式がありません。

サービスに応じて文字数を自由に設定しても構いませんが、「サービスを利用するメリット」「根拠」「優位性」といった情報は漏れなく記載するようにしましょう。

デザインと内容が伴うようにする

上記の広告コピー以外にも、読み手の得になるような割引といった情報。そして、購買へつなげるための問い合わせ先などの情報もしっかり記載します。

これらの情報をデザインに自然に組み込むことが、フライヤー作成には求められるのです。

優れたフライヤーにおけるデザインの基本知識

宣伝効果の高いフライヤーには、デザインのパターンがある程度決まっています。このパターンを押さえておくことで、宣伝効果の高いフライヤーが作れるでしょう。

デザインの勘所

人間の視線に沿ったレイアウトにする

デザインには「視線動線」という言葉があります。これは人間が文字を読むときの、視線の動きを表す言葉です。

私たちが横書きの文書を読む際は、左上からスタートして右下へと向かって読み進めていきます。縦書きであれば、右上から読み進めるでしょう。

このように、最初に目を通す場所はレイアウトによって決まってくるのです。そのため、最初に目に入る場所にはタイトルやキャッチコピーを配置するようにしましょう。

中心には宣伝する商品の説明。下段には会社情報などを配置すると、自然な流れでフライヤーが読み進められます。

セールスポイントは事細かに記載する

フライヤーの失敗例で多く見られるケースとして、デザインを優先するあまりにセールスポイントが薄くなってしまう傾向が挙げられます。

スペースが限られているフライヤーは、少ない文字数で自社の商品の魅力をしっかり伝えることが重要なのです。

求められる商品の情報は、提供するサービスによって異なります。自社のサービスに対して、顧客が抱きそうな疑問を解決するための情報は、確実に載せておくようにしましょう。

デザインにアクセントを与える

自社のサービスを漏れなく紹介しようとするあまりに、テキストばかりになってしまうと単調な印象を与えてしまいます。商品を魅力的に演出するためにも、デザインに強弱を与えるようにしましょう。

見出しや吹き出しなどのスペースを大きく設けて、アクセントのあるフレーズを添えるだけで、読み手が受ける印象も大きく異なるものです。 しかし、アクセントばかりに気を取られると、デザインに統一感のない読みにくいデザインになってしまいます。

情報を詰め込み過ぎるのではなく、余白を活かしたデザインを心がけるようにしましょう。

色が持つ力を存分に活用する

フライヤーのデザインを引き立たせるためにも、色が読み手に与える印象を明確に理解しておきましょう。色が持っているイメージは多岐にわたります。

★色の持つイメージ一覧

赤色イメージ 元気・情熱・生命力・エネルギーなど
青色イメージ 誠実・信頼・理知的・冷静・集中力・クールなど
黄色イメージ 陽気・金運・希望・明るさ・注意力・やる気など
緑色イメージ 自然・素直・安らぎ・平和・リラックス・健康など
オレンジ色イメージ 好印象・陽気・気分転換・暖かい・若々しい・楽しさなど
紫色イメージ 高貴・気高い・神秘・妖艶・哀れ・女性的・ミステリーなど

引用元:クラウドワークス(https://crowdworks.jp/lp/cl/competition/leaflets/articles/7622)

これらのイメージを理解した上で、デザインを決めるとフライヤーの説得力も高まるのです。

一般的には目立たせたい情報は暖色。落ち着いた印象を与えたい場合は寒色系を使用すると良いとされています。

しかし、同系色でまとめてしまうと、読みにくいデザインとなるので注意しましょう。

こんなデザインには要注意

上記の基本知識を理解しているつもりでも、自社の商品をアピールしたいがあまりに読みにくいデザインになるケースが多々あります。ここでは思わずやってしまう、おかしいデザイン事例を見てみましょう。

見出しが分かりにくい

見出し文になる文は、パッと見ただけで認識できるように差別化を図るようにしましょう。

見出し文をテキストと似たフォントや、文字サイズにしてしまうと、読み手は意図を正確に受け取ることが困難になります。読みづらくならない程度にメリハリをつけるようにしましょう。

リウムスマイル

引用元:リウムスマイル(http://riumsmile.jp/contents_2485.html)

写真のレイアウトがおかしい

フライヤーのデザインに強弱をつけることは非常に重要ですが、統一性に欠けるのも問題です。

デザインは、ある程度の規則性を持たせることで、強弱をつけたときのメリハリが活きるようになります。写真を多く配置する際は、文字との配置をしっかり合わせることで、スッキリと読みやすいデザインになります。

印刷通販JBF

引用元:印刷通販JBF(http://print-jbf.jp/chirashi/pj10-chirashidesign.html)

文字が詰め込まれ過ぎて読みづらい

限られた広告スペースを無駄なく使いたいものです。だからといって、あまりに文字を詰め込むと、窮屈な印象を与えてしまいます。

自分がこのようなフライヤーを見かけても、読む気にはなれないのではないでしょうか?

スペースを多少割いてでも、読みやすさを優先することが宣伝力を高めるポイントとなります。

弥生マルシェ

引用元:弥生マルシェ

(https://marche.yayoi-kk.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/161203-5.jpg)

プロのデザイナーに依頼することでハイクオリティなフライヤーが作れる

このように読み手の関心を引き付けるフライヤーは、デザインの細部にまでこだわらなくてはいけません。

普段デザインを行うことがない人にとって、顧客確保につながるフライヤーを意図的にデザインするのは大変困難です。 そのためにもデザインはプロのデザイナーに任せると良いでしょう。

理想とするフライヤーのイメージをしっかり伝えておくことで、デザイン・宣伝性ともに優れたフライヤー作成ができるのです。

  • 第1位印刷通販JBF
    初回限定キャンペーン
    「お試しおまかせフライヤー」
    A4サイズ用紙おまかせ・片面もしくは両面カラー・1000枚
    980円(税込・送料無料)

    詳しくはこちら

  • 第2位プリントパック
    お試しキャンペーン
    「オフセット フライヤー印刷」
    A4コート紙90㎏・片面カラー・100枚
    690円(税込)

    詳しくはこちら

  • 第3位グラフィック
    新工場オープン記念特別価格
    A4コート紙90㎏・片面カラー・500枚
    3,500円(税込)

    詳しくはこちら