少しでも安く印刷したい!フライヤー印刷会社を徹底比較

フライヤー印刷を価格で徹底比較!

チラシとの違い

フライヤー印刷とは?このページでは、チラシとの違いを調査しています。

フライヤー印刷とは?チラシとの違いをリサーチ

手に取りやすく、効果的なプロモーションツールとして人気の、フライヤー。和訳すると「チラシ」が最も近い意味になります。しかし印刷会社では、フライヤーとチラシを別の商品として分けているところが多いようです。

その違いは、一体どこにあるのでしょうか?以下に比較してみましょう。

フライヤー   チラシ
店舗などに置くかたちが多い。 配布法 新聞への折込みや、ポスティングが多い。
A3~B7までバリエーションがあるが、あまり大きいと手に取りづらくなり、持ち帰られなくなるので、小さなサイズが選択されることが多い。  大きさ A3~B6までバリエーションがあるが、フライヤーに比べ大きいサイズが選択されることが多い。
コート73kg・90kg・110kg・135kg  厚さ コート68kg・73kg・90kgなど

チラシまたはフライヤーを作成する場合は、上記以外にもデザイン面での違いを意識する必要があります。

フライヤーは「手に取って、持ち帰りたい」と思ってもらうことが重要。いくばくかの高級感を意識して構成し、画像や写真などを効果的に配すると、目を惹くものが出来上がります。紙質にも気を配り、チラシより厚めで上質なものを採用する必要があります。

一方チラシは、たくさんの中から目立つ存在になる工夫が必要。画像や写真よりフォントの大きさや配置、コピーなど、文字の力が物を言うでしょう。ペラペラの薄い紙質に単色印刷でも「お得情報」さえ明確に伝わる仕上がりなら、ゴミ箱行きを免れることになるからです。

フライヤーとチラシの印刷法の間に、大きな差はありません。どのような用途で作成するのかを、明確にしましょう。

前面に打ち出したいのは「イメージ」なのか、それとも「実用的な情報」なのかという方向性がはっきりしていると、より効果的でコスパの高いプロモーションツールが出来上がりますよ!

  • 第1位印刷通販JBF
    初回限定キャンペーン
    「お試しおまかせフライヤー」
    A4サイズ用紙おまかせ・片面もしくは両面カラー・1000枚
    980円(税込・送料無料)

    詳しくはこちら

  • 第2位プリントパック
    お試しキャンペーン
    「オフセット フライヤー印刷」
    A4コート紙90㎏・片面カラー・100枚
    690円(税込)

    詳しくはこちら

  • 第3位グラフィック
    新工場オープン記念特別価格
    A4コート紙90㎏・片面カラー・500枚
    3,500円(税込)

    詳しくはこちら