少しでも安く印刷したい!フライヤー印刷会社を徹底比較

フライヤー印刷を価格で徹底比較!

知っておきたいフライヤー印刷の役立つ知識

フライヤーのイメージ

フライヤー印刷を依頼する際に、知っておいたほうがいい、紙や印刷に関する基礎知識をまとめています。

知っておくと役立つフライヤー印刷の基礎知識

チラシやフライヤー、パンフレットや名刺などの印刷物は、私たちの日常生活において身近なものとなっていますが、これらの印刷物がどのように制作されているのか、詳しい知識をお持ちの方は少ないと思います。

思い通りのチラシやパンフレットを作り上げるためには、写真や文章の内容だけではなく、紙や印刷の質がとても重要。

手にした時の感触はもちろん、ツヤがあるかないか、鉛筆やペンで書き込めるかなど、紙や印刷に関する専門知識を持っていないと、自分の作りたい物のイメージが上手く伝わらず、求めていたものとはかけ離れた印刷物に仕上がってしまう可能性があるのです。

そこで、フライヤー印刷を依頼する前に、印刷方法の違いや紙の種類、紙の厚さ、印刷代の相場など、印刷にまつわる基礎知識を簡単に身につけておきましょう。

そうすることで、失敗することなく理想通りのチラシ・フライヤーを制作することができるはずです。

チラシとの違い

  • チラシ

必要な情報がすくにわかる。実用性重視

  • フライヤー

お客さんの心を揺さぶる。イメージ重視

チラシに求められるのは、その商品にどれだけの価値があるのかを伝えることです。

例えば○○は○円安い。○○限定の商品。チラシに掲載する言葉によって、読み手にお得な情報を届けることが課題となります。

フライヤーに求められるのは、「持ち帰ってゆっくり見てみよう」と思わせる雰囲気です。

それを眺めているだけで買いたくなる。目にすると行きたくなる。そんな気持ちを引き出すために、写真や紙質を最大限に利用します。

>>チラシとの違い

印刷の相場

  • オフセット印刷

転写ローラーを使ったこの方法は、大量の印刷に最適です。

例えばA4用紙200枚なら2,900円~3,620円。

もちろん紙の種類や厚さによって変わりますが、印刷する枚数が多ければ多いほど料金を抑えられます。

ただ、紙の厚さをアップした場合は、同じ枚数の印刷でも金額は上がるので気をつけて下さい。

  • オンデマンド印刷

カラーレーザープリントを使うため、必要とされる枚数分だけを印刷できます。

仕上がりも早く、部数によってはこちらのほうが割安になることもあります。

>>印刷の相場

紙の種類

  • コート紙

表面がコーティング加工されている(ファッション誌などで使用)

  • マットコート紙

コート紙と同じ加工に光の反射を抑制するコーティング

  • 上質紙

コーティング加工なし(写真印刷には不向き)

  • 再生紙

古紙をリサイクル(品質は他の紙に劣らない)

仕上がりやデザインにこだわりたい場合は、特徴のある特殊紙が使われたりします。

ユポ紙・クラフト紙・ケント紙・アートポスト・奉書紙などがあり、配布する会場に合わせて選ぶことでコンセプトを表現できるでしょう。

>>紙の種類

サイズの種類

  • A1~A4

フライヤーの印刷はA3・A4がよく使われている

  • B4~B7

チラシの印刷はB4が適している

数字が小さいほど用紙サイズは大きくなります。利用頻度が高いサイズは、用紙の価格も低い傾向があります。

サイズによっては販促ツールに適さないと思われがちですが、折り加工やカットを利用すればオリジナル性を打ち出せるでしょう。

>>サイズの種類

読み手の興味を惹きつけるために必要となるフライヤーの要素

フライヤーは、読み手に対して購買意欲を高める要素が必要です。

短い時間で情報を伝えられるデザイン。興味や好奇心を掘り起こすためのインパクト。気持ちを動かす仕掛け。

たくさんある販促物の中から注目してもらうためには、QRコードを印刷しておくことも効果的でしょう。

誰を対象としているのか。どこへ問い合わせ先を載せておくのか。デザインやレイアウトによって集客に差がつくので、プロに頼めば効果が期待できます。

>>読み手の興味を惹きつけるために必要となるフライヤーの要素

フライヤー印刷の手段は通販か実店舗のどちらがおすすめ?

  • 通販

通販の場合は人件費や設備費の負担が少ないことから、実店舗よりも低価格で注文をすることができます

また、オフセット印刷によって大量の受注が可能。

提携している印刷会社と調整することで、使っていない輪転機を製版作業に使えることから、回転率が上がり価格に反映されます。

  • 実店舗

実店舗の場合は、直接相談をすることができます。

キャッチフレーズはどうか。誤変換などの間違いはないか。

その場で教えてくれるお店もあるので、完成度の高さを追求できるでしょう。

>>フライヤー印刷の手段は通販か実店舗のどちらがおすすめ?

良いフライヤーを作るなら素材にこだわろう

ネット上にある著作権フリーのイラストや写真を活用すれば、素敵なフライヤーに仕上げることができます。

商用利用が可能な素材もあるので、利用規約を守って使いましょう。

ダウンロードした素材によって加工不可のケースもありますが、いろいろな雰囲気の素材がアップされています。

また、背景やキャッチコピー・色やフォントサイズをこだわれば、読み手の気持ちを惹きつけるフライヤーが作れます。

>>良いフライヤーを作るなら素材にこだわろう

効果のある画像の使い方

  • 顔写真の挿入
  • 画像の下へテキストを入れる
  • 地図を入れる

顔写真を使うことで読み手の好感を引き寄せたり、共感を呼んだりすることもできるでしょう。

特に対象となる年代に人気のモデルやキャラクターを使えば、商品に興味を持ってもらいやすいです。

画像の下の文章は読んでもらいやすいため、商品のメリットや特徴を伝えやすいでしょう。

全体の雰囲気に合った地図を載せれば、新しい顧客の集客にもつながります。

>>効果のある画像の使い方

  • 第1位印刷通販JBF
    初回限定キャンペーン
    「お試しおまかせフライヤー」
    A4サイズ用紙おまかせ・片面もしくは両面カラー・1000枚
    980円(税込・送料無料)

    詳しくはこちら

  • 第2位プリントパック
    お試しキャンペーン
    「オフセット フライヤー印刷」
    A4コート紙90㎏・片面カラー・100枚
    690円(税込)

    詳しくはこちら

  • 第3位グラフィック
    新工場オープン記念特別価格
    A4コート紙90㎏・片面カラー・500枚
    3,500円(税込)

    詳しくはこちら