少しでも安く印刷したい!フライヤー印刷会社を徹底比較

フライヤー印刷を価格で徹底比較!

条件別に比較!フライヤー印刷ベスト3

フライヤー印刷を依頼する際に、重視する条件ごとに比較して、おすすめの印刷会社を紹介します。

料金・納期・ロット数で比較したおすすめのフライヤー印刷会社

イベントの宣伝フライヤーや、大切な商品のチラシの印刷を依頼する際に、どのような基準で印刷会社を選びますか?

商品の写真が一番美しく見えるよう、印刷のクオリティを重視する方、とにかく安くたくさん印刷して配りたいという方、一刻も早く印刷して早く宣伝したい!という方など、印刷会社に求める条件は、ユーザーによって様々あります。

そこで、重視する条件別に、おすすめの印刷通販会社をセレクトしてご紹介します。

  • できるだけリーズナブルに仕上げたいという方向けの「激安プランを設定している印刷会社」
  • 入稿から商品到着までがスピーディーに行われる「納品が早い印刷会社」
  • 小部数の印刷を受けてくれる「小ロットでも発注可能な印刷会社」

以上の条件でフライヤー印刷を依頼する際に、特におすすめしたい会社を3社ずつピックアップします。

人気の高いプランの価格などを具体的に紹介するとともに、印刷会社が特に力を入れている点を詳しく解説していますから、より効率よくリーズナブルに、宣伝効果の高いフライヤーやチラシ制作をするための参考になさってください。

激安プランがある 

フライヤーを大量に配布する場合、やはり気になるのは印刷料金です。

そこでこのページでは、ネット注文できる印刷会社11社をピックアップし、A4サイズ1000枚のフライヤーを格安料金で印刷できるトップ3社を紹介しています。

1位:印刷通販JBFの980円(初回限定・用紙選択はおまかせ)驚きの3営業日発送!

最安価格の堂々第1位を獲得したのは『印刷通販JBF』の980円!ただし初回限定で、用紙選択はおまかせになります。これだけ安いと納期が心配ですが、驚きの「3営業日発送」です。

この他にも初回商品購入時に1万円までは半額割引、1万円以上20万円未満は20%Offなど会員登録をすると受けられるキャンペーンやキャッシュバックなどもありますので、フライヤーだけではなく冊子やパンフレット、名刺なども激安で印刷が可能です。

また仕分けや梱包形態などもお客様の希望に添えるように相談が可能であるという所も大きな魅力です。

2位:イロドリの1,933円(発送は注文の10日後)安心の24時間対応!

第2位にランクインしたのは『イロドリ』の1,933円。これでも十分にお得感がありますが、発送は注文を受けてから10日後なので、余裕をもって発注する必要があります。

印刷用のデータ作成をする時間がないという場合は、デザイン作成からおまかせすることも可能です。

A4 片面デザインなら4,762円からになっているので、1からおませしてしまうというのも時間を有効に使うという意味では良い買い物かもしれません。

イロドリは価格が安いだけではなく、ホームページも見やすく、お客様目線で作られているので注文まで簡単にできます。

また24時間入稿が可能で、同時に電話の他にチャットやメールでのサポートも24時間受け付けてくれるので、何か質問がある時にすぐに聞くことができて初心者にも安心です。

3位:ジオプリントの2,047円(発送は注文の10日後)何度でも利用可能!

第3位は『ジオプリント』の2,047円。こちらの発送も『イロドリ』同様10日後ですが、初回限定ではなく、何度でもこの料金で利用できるというメリットがあります。

また急ぎの場合は2営業日発送3,640円、3営業日で3,370円と急ぎの印刷にも対応できます。

この他名刺印刷20%Offや広告サイン、VIPカードやラミネートかーどと言ったプラスチックカード10%Offといったキャンペーンもあるので、フライヤーだけではなく他の商品も低価格で印刷したい場合はジオプリントが便利です。

そして創業130年というタイヘイ株式会社のグループ企業である「東洋紙業株式会社」が運営している印刷会社だけに、100%品質保証をしているので、ジオプリントの基準設定外だった場合は刷り直しをしてくれます。

なお、第4位以下になると料金もまちまちです。一般的な傾向として、印刷料金が大幅に安い場合、「期間限定のキャンペーン価格である」「印刷用データを完成させた状態で発注する」「用紙選択や発送期間にデメリットがある」のいずれかに該当するとみてよいでしょう。

印刷通販JBF

イロドリ

ジオプリント

激安プランがある

納品が早い

「あさってまでに10000枚のカラーチラシを作成しないといけない!」このような緊急事態では、家庭用プリンタでのんびり印刷している暇はありません。

こちらのページでは、フライヤー印刷のネット注文に対応している11社から、納期の短い3社について紹介しています。

1位:東京カラー印刷の「特別配達便」東京23区内は日付が変わる前に受取可能!

第1位は、『東京カラー印刷』です。同社の「特別配達便」は、東京23区内という条件はあるものの、16時までにオンライン入稿すれば、なんと日付が変わる前に必ず届けてくるというから驚きです。

東京23区内向けの納期が早いサービスは2つの種類があり、店頭お引渡超特急仕上げは、入稿から最速2時間以内で印刷して、店頭で受け取ることができます。

特急3時間仕上げは、朝8時から18時まで1時間毎定時で入稿することができ、しかも3時間で仕上げチャータ便で送ってもらえます。

注意点としては入稿が過度に集中してしまった際は断られる事もあるという事、そしてOffice系(PDF)でのデータ入稿も可能ですがまれに不具合が起こる事もあるので、まずは電話にて確認をしておいたほうが安心です。

また神奈川、千葉、埼玉といった首都圏向けには、夜22時まで受付し、翌日18時〜21時の間にお届けする首都圏翌日お届け便、または翌朝に店頭にて受け渡しという方法もあります。

2位:グラフィックの「店頭受け取りクイックサービス」入稿の3時間後に受取可能!

第2位は『グラフィック』です。同社の「店頭受け取りクイックサービス」は、オンライン上で印刷用データを入稿し、引き取りを希望する店舗に電話連絡すれば、その3時間後には完成品を店頭で受け取ることができます。

通常は時間がかかるデータ入稿ですが、クイックサービスならば取引希望店舗にて完了させると待ち時間無しでデータチェックをしてもらえるので早く印刷に入れるわけです。

注意事項として店舗の混雑状況によっては、クイックサービスが出来ないという事もあるので、注文する前に取引希望店舗に電話をして問い合わせをしておくと確実です。

またグラフィックにてデータチェックをして、特に問題がないなら製造工程に進むことができ、3時間のカウントはこのチェック後からになります。

ですからデータチェックは重要なのですが、ここでデータの修正の必要がある場合は2つの選択肢があります。

1つは時間はかかっても修正後に印刷に回すというものです。もう1つは修正の必要があってもそのまま印刷工程に入ることです。

ただこの場合印刷の質よりも早さを優先させるので、印刷の質は保証できません。それでもとにかく急ぎで印刷する必要がある時にはこういう方法もあります。

3位:印刷通販JBFの「フライヤー・チラシ超特急」最大30,000枚の当日出荷も可能!

第3位は『印刷通販JBF』です。創業60年を誇る老舗で印刷から荷送りまで自社で行っていて、「フライヤー・チラシ超特急」は大量印刷にも対応できる点で他社と一線を画しています。

当日出荷なら最大30,000枚、翌日出荷なら最大200,000枚まで対応可というから驚きです。

超特急サービスは、当日発送は正午まで、翌日と第2営業日発送は15時まで(平日の第2営業日発送は深夜24時)にデータを入稿しなくてはなりませんが、この時間内であれば大量の印刷でもそれぞれの納期に合わせて発送が可能です。

ただ日曜祝日の当日発送コースがないので、そこだけは注意が必要です。

また印刷会社としては珍しく、発送先としてアドレス帳があり100箇所まで登録することができるという所も客のニーズをしっかりと捉えているポイントです。

東京カラー印刷

グラフィック

印刷通販JBF

納品が早い

小ロットで発注可能 

「料金や納期は気にしない。でも、自宅のプリンタでは不可能な、高品質の印刷をほんの少しだけ注文したい」そういうニーズは確実にあります。

ただ、受注する印刷会社としては、コストに見合うだけの利益が見込めないため、小ロットでの受注は原則受け付けていません。特にオフセット印刷の場合、たとえネット注文を受け付ける場合でも、大半は「100枚以上から」となっています。

こちらのページでは、ネット注文を受け付ける印刷会社11社のなかから、10枚単位の超小ロットでも対応してくれるおすすめのサービスを3つ紹介しています。

イロドリの「A4チラシオンデマンド印刷」A4片面カラーが10部657円!

一番のおすすめは『イロドリ』の「A4チラシオンデマンド印刷」です。A4片面カラー・コート紙90kgのオンデマンド印刷が10部657円と激安です。データ入稿の翌日発送と納期の短さもポイントです。

オンデマンド印刷というのは、レーザープリントを使った印刷で版を使わずにPC内のデータを直接プリンターに送って印刷するので、手早くそして小ロッドでの印刷が可能です。

イロドリのオンデマンド印刷は10部から対応していてチラシの他に、納期は1、2日増えますがパウチ加工やPP加工なども受けています。

PP加工はツヤあり、ツヤなしから選ぶことができ、強度を増したり高級感のある仕上がりにするオプションもあります。

プリントパックの「オンデマンドフライヤー印刷」A4片面カラーが10部1,300円!

『プリントパック』の「オンデマンドフライヤー印刷」もおすすめできます。

A4片面カラー・コート紙110kgのオンデマンド印刷が10部1,300円とこちらも格安です。最新鋭印刷機の導入により、オフセット印刷にも引けをとらない上質な仕上がりである点も見逃せません。

プリントパックのオンデマンド印刷は、世界でも最高レベルと言える最新鋭最高級のオンデマンド印刷機を導入しているので、レーザープリンターにありがちな色ムラや汚れなどがつく前に、それを検出して自動修正してくれます。ですからオンデマンドですが、その品質はオフセットと遜色ないわけです。

オンデマンドは10部からの対応していて、加工なしのフライヤー場合は当日、または1営業日の納期で印刷できます。

WordやExcelといったOffice系のデータでもプリントパックは、印刷用に変換できる無料の専用アプリがあるので、1分で印刷可能なデータに変換することができるというのも魅力です。

また製造過程において不具合のある商品を届けてしまった場合は、100%返金保証、または印刷し直しといった保証制度があるので安心して注文できます。

グラフィックの「オフセットフライヤー」A4片面カラーが25部1,580円(納期10日)

『グラフィック』の「オフセットフライヤー」は、その名のとおりオフセットによる超小ロット印刷に対応しているのが特長です。A4片面カラー・コート紙90kgのフライヤーが、たった25部から印刷可能というから驚きです。しかも料金は、納期10日間を選択すると1,580円と激安価格に!

グラフィックでは通常のオフセット用印刷機の他に最新鋭のデジタル印刷機も導入していて、この2つの印刷機を組み合わせて使うことで、少部数の印刷が可能になりました。

またグラフィックでは、3部という超小ロットからオンデマンド印刷をすることができます。

オンデマンド印刷は、オフセットに比べると細かな部分がはっきりしない、色ムラができるといったデメリットがありましたが、業界のフラッグシップモデルの出力器を導入しているので高精細が可能です。

オンデマンド印刷は基本的に10部以上と言うこところが多く、それ以下の部数で引き受けてくれる印刷会社はかなり少ないです。

そして値段は通常のオフセット印刷のように当日発送以外は、3営業日、4営業日など時間がかかると安くなるというわけではなく、2営業日以降は金額も一緒という所が異なっている所です。

イロドリ

プリントパック

グラフィック

小ロットで発注可能

  • 第1位印刷通販JBF
    初回限定キャンペーン
    「お試しおまかせフライヤー」
    A4サイズ用紙おまかせ・片面もしくは両面カラー・1000枚
    980円(税込・送料無料)

    詳しくはこちら

  • 第2位プリントパック
    お試しキャンペーン
    「オフセット フライヤー印刷」
    A4コート紙90㎏・片面カラー・100枚
    690円(税込)

    詳しくはこちら

  • 第3位グラフィック
    新工場オープン記念特別価格
    A4コート紙90㎏・片面カラー・500枚
    3,500円(税込)

    詳しくはこちら